宝石磨かざれば光なし

宝石をどのようにリフォームするかで変わってくる価格について

時代とともに宝石のリフォーム業者も多くなってきました。昔は使っていたけどデザインが古く感じて使っていなかったり、母親や祖母から譲り受けた宝石やジュエリーを自分好みのものにリフォームしたりと需要は高まっています。 リフォームと言っても、例えば指輪をそのまま指輪として使う場合や指輪の宝石をネックレスやペンダントトップとして使う場合など、用途も色々違ってくるのではないでしょうか。 またデザインの過程でちょっと宝石を増やしたいと思った場合はその分価格も上がってきますし、指輪であれば土台になる部分を持ち込んだものではなく、新たに土台から作る場合に18Kゴールドやプラチナなどにするのであれば、それぞれで価格変動などもあるためしっかりと見積もりをしてもらうことが大切です。 つまりセミオーダーのようにするか宝石だけをそのまま使用してフルオーダーのようにするかでも価格は全く変わってくるため、細かい部分まできちんと説明をしてもらい、最終的に納得できるようなリフォームをしてもらえるようにすることが大切です。