宝石磨かざれば光なし

宝石の和名にはきちんと意味がある

宝石と一言で表しても、様々な種類があります。 その中でもダイヤモンドは、宝石の最高峰とも言えるものです。最も硬い物質であり、和名を金剛石と言います。 ダイヤモンドと名の付く宝石も多くの種類がありますが、パワーストーンの中にもその名が登場するものがあります。 パワーストーンに、ハーキマーダイヤモンドという種類のものがあります。このパワーストーンを持つ意味としては、自分の持つ才能や可能性を伸ばすところにあるようです。 また、呪いの宝石と言われるホープダイヤモンドですが、持ち主を破滅させると言われるところに、その名前が付いた意味があるようです。 ルビーはダイヤモンドの次に硬さを持った宝石で、赤い色が特徴的です。和名は紅玉であり、熱情や情熱、純愛など、赤い色から連想されるような意味の石言葉があります。サファイアもルビーと同様、ダイヤモンドの次に硬さを持つ宝石で、和名を蒼玉と言い、その蒼い色が特徴的で美しいものです。